1 大気の構造

スポンサーリンク

1.大気の組成

地球大気の組成は高度80kmまでは変わりません。

ただ、特に対流圏では水蒸気が多く、しかも場所や時間によって大きく変化します。

 

  水蒸気 重視する面
乾燥空気(図の左) 含まない 理論的
湿潤空気(図の右) 含 む 実際的

関連記事 ⇒ 「大気の鉛直構造(大気の構造1)」

2.大気の鉛直構造

 2-1 気温の高度分布によるもの

冒頭のイメージ図をご覧ください。

4つの主要な「圏」は気温が上昇しているか下降しているかで区分し決められています。

気温の上昇・下降は大気が有害な紫外線から生物を守ることと関連しています。

関連記事 ⇒ 「大気の鉛直構造(大気の構造1)

 

2-2 対流圏の構造

 

大気の鉛直構造

関連記事

 ⇒ 大気の鉛直構造 大まとめ

 

 2-3 大気境界層の構造

大気境界層の役割

関連記事

 ⇒ 大気境界層とは