気象の全体像(色と形の学習法)

これまでのブログ記事のイメージ図を項目別にまとめてみました。図を基に全体像を掴んで、今 自分がどこにいるのかを確認するのが目的です。

「気象の全体像」の図の番号別にページを作ってあります。リンクしてない項目は作成中です。一部まだ分類分けしてない部分はこのページに一時的に載せてあります。

0.気象の要素 ⇒ このページです。

1.大気の構造

2.水の循環

3.放射

4.熱力学

5.大気の力学と運動

 5-1 大気の力学と運動

 5-2 大規模な大気運動

 5-3 中小規模の大気運動

6.気象法規

私の学習の進展とともに絶えず更新されていきますので参考にしていただければ嬉しいです。

1.気象の要素 (0)

気象の要素

私がこれまで考えてきたなかで、気象の要素を挙げるとしたら、左の図にあるように

「大気」「水」「エネルギー」 の三つです。もう少し突き詰めると物質とエネルギーとなりますね。

 ※ 関連ブログはこちら ⇒ 雲が落ちないわけ1

もう少し具体的な表現をするなら三つのカギ(要素)は、「気温」「気圧」「水蒸気」とも言えます。

 

2.5.鉛直方向における循環 

 ※ 関連ブログはこちら ⇒ 気象は回る

4.熱力学

  4-1  PV=nRT  (気体の状態方程式)

 P : 圧力

 V : 体積

 n : 分子数

 R : 気体定数

 T : 温度

 ※ 関連ブログはこちら ⇒ 気体の状態方程式 気体の状態方程式2 ポップコーン方程式

 4-2 Q = W + ⊿U (熱力学の第一法則)

 

Q : 気体に加える熱量

W : 仕事に使われるエネルギー

⊿U : 内部エネルギーの増加分

5.大気の力学と運動(5)

 5-1 全体像

大気の力学と運動 大まとめ

 5-2 力と風の種類

大気の力学と運動

 5-3 大気の運動

大気の運動 大まとめ