地上風1(地衡風+摩擦力)

今回は上空の風ではなく地上の風を扱うので、幾分身近に感じるでしょうね。

これもまた以前の記事「大気の力学と運動」の図を掲載します。

つまり、地上風は地衡風に摩擦力の影響を加味してバランスが取れた状態で吹く風です。

言い換えると、3つの力、気圧傾度力、コリオリ力、摩擦力のバランスの取れた状態で生じると言えます。

1.摩擦力の特徴

摩擦力は遠心力と同様 身近に感じる力なので理解しやすいですね。風に働く摩擦力について まとめると

● 風ベクトルの向きの正反対に働く→

● 風を弱める→

● コリオリ力を小さくする

● 高度1km付近まで(数十m~3km)に吹く風に影響を及ぼす。

● 高度とともに弱くなる

● 海上より陸上の方が強い

2.地上風とは

大気と地表面摩擦の影響を考えた風、のことです。

3.地上風の生じるタイミング

最初に「地上風は地衡風に摩擦力の影響を加味して」という表現を使いました。

でも地上(海上)にいる人間にとっては、風がコリオリ力によって曲げられていく途中で地上風となって吹くと言えるでしょう。

言い換えれば風が地衡風になる前に地上風として成立する、とも表現できます。

4.過程

その過程は大まかに言って次の通りです。

(1)風が吹き始める

(2)コリオリ力と摩擦力が働き始める

この時点ではまだ気圧傾度力、コリオリ力、摩擦力の3つの力はつり合っていません。

少しずつ地衡風に近づいていきます。

(3)3つの力のバランスが取れる

5.陸上と海上の違い

地上風の吹き方は陸上と海上とでは以下の違いがあります。

  風の強さ 等圧線とのなす角度

陸 上

弱 い 大きい(30°~45°)

海 上

強 い 小さい(20°~25°)

図で表すと次のようなイメージです(角度はおおよその数値です)。

6.冬型の気圧配置の場合

以前の記事「風向きは力のバランスで決まる(西高東低の場合)」の図を例として挙げます。

地上風は地衡風と比べて気圧の低い方へ斜め方向に吹くことを示しています。

さて、次は温度風か・・・ 難しそう

誰か教えて! 🙄