発散、収束、渦度 まとめすぎ

発散、収束、渦度 まとめすぎ

大まかにいってこんなイメージです。

ひとまず「~風」に別れを告げて、ここからは大気の動きの別の面として、発散、収束、渦度を取り上げていきます。

温度風よりはイメージしやすいと思います。ただ、数式はちょっとね・・・

上記の図を基に説明を加えます。(相当端折ってます)

この図は発散、収束、渦度の全体を説明したものではなく、一つの現象に絞って表現したものです。

1.発散と収束

● 意味

  発散・・・風が散らばる

  収束・・・風が集まる

● 何に係わる?・・雲の発生

2.渦度

● 意味・・・風の回転の向きと速さ

● 何に係わる?・・低気圧、高気圧

3.上記図の例(低気圧の場合)

● 地上付近で風が集まって来て(収束)、上昇気流となり、上空で散らばる(発散)

● 上昇気流で雲が発生する

● 中層付近は渦度を調べるのに最適

● 渦度と低気圧は対応関係にある

非常に大雑把にまとめましたが、詳しい内容は順を追って取り上げていきます。

スポンサーリンク